アートに描かれ、時代を超越するギャンブル

アートに描かれ、時代を超越するギャンブル

国内人気No.1オンラインカジノVeraJohnのことならベラジョンニッポンで!
著名な画家によって創作された、いくつかの絵画は、過去においてもギャンブルが人気を集めていたことを示しています。また、異なる文化で異なる形態のギャンブルが行われていたことも、絵画の比較から読み取ることができます。それでは、完成時から注目を集め続けてきた絵画のいくつかをご紹介します。

ポーカーをする犬

ポーカー関連の絵画で、あらゆる時代を通じて、最も有名なのは「ポーカーをする」と名付けられた一連の作品です。19世紀末と20世紀初頭に人気のあったカシアス・マーセラス・クーリッジというアメリカのアーティストによるものです。

Rolling red dice on a casino table

「ポーカーをする犬」は合計16枚からなるシリーズ作品で、葉巻の宣伝のためにブラウン&ビガロという会社の依頼により製作されました。このシリーズを題材としたテレビコマーシャルが、1998年と1999年のNFLシーズンのESPNサンデー・ナイト・フットボールで放映されています。この絵画シリーズでは、擬人化された犬により人間の本能が表現されています。数多くの映画、テレビ番組、演劇に、この「ポーカーをする犬」の描写やその表現の再構成が登場します。現在、この絵画シリーズはバージニア州のクライスラー・ミュージアム・オブ・アートで、そのコレクションとして展示されています。

トランプ詐欺師

「トランプ詐欺師」という絵画は、リアリズムとエレガンスの2点において、ギャンブルを取り扱った芸術作品の頂点に位置しています。実際、ギャンブルを題材とした絵画としては、最も評価が高く有名な作品です。

現代においても非常に人気のある16世紀イタリアのアーティスト、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオがこの作品を描きました。バロック絵画の中でも代表的な一作です。

この作品では、2人の少年がカードでの勝負を行っています。共謀しているトランプ詐欺師である手前の少年と中央奥の男性が、カモとなる左の少年をこれから騙すという場面で、無邪気さ、愚かしさ、狡猾さ、悪意など人間の持つ様々な感情や特質が表現されています。この絵画は、テキサス州で5番目に大きい都市であるフォートワースのキンベル美術館に有ります。

喧嘩するカードプレーヤー

バロック期を代表するもう1つの絵画は、「喧嘩するカードプレーヤー」という17世紀後半オランダのヤン・ステーンの作品です。情景に込められた様々な感情により、この作品は力強さにあふれています。ヤン・ステーンは、この作品で、大負けやいかさまにつきものの、怒りや侮蔑といった負の感情を表現しています。また、「ポーカーをする犬」と同じく、この絵画では人間の本能も表現されています。ベルリン美術館で鑑賞出来る作品です。

カード遊びをする人々

「カード遊びをする人々」は、19世紀の後期印象派のポール・セザンヌによる、市井の人々の日常生活を描いた一連の作品です。フランス社会の日常を捉えたという点でセザンヌの特徴がよく現れています。特にこの作品では、カードゲームで余暇の時間を楽しむ2人の男性が描かれています。この油絵は、オルセー美術館のコレクションです。

モンテカルロのルーレット台にて

エドヴァルド・ムンクがこの「モンテカルロのルーレット台にて」を描きました。ムンクは19世紀末から20世紀前半の表現主義のアーティストです。「叫び」という作品によって一般に広く知られています。「モンテカルロのルーレット台にて」では、ルーレット台の周囲の緊張感とドラマが表現されています。

黒と白、緑と赤といったコントラストによって、ルーレットの演劇性と動きの特徴が抽出されているのです。この作品では人々の顔や表情ははっきりと描かれていませんが、赤と緑の濃淡によって緊張感がいきいきと示されています。この作品は、ノルウェーのオスロにあるムンク美術館で鑑賞することができます。

貞操の危機

ウィリアム・ホガースの「貞操の危機」は、カンバセーション・ピースと言われる18世紀英国で流行したタイプの絵画です。この作品では、女性がある決断をする瞬間が捉えられています。描かれているのは、ギャンブルを終えた女性と男性です。女性は大負けしてしまい、男性はもう一勝負する提案をしています。女性は、勝てば負け分を取り返せるし、負ければ男性を愛人として受け入れなければならないという勝負です。この作品は、米国ニューヨーク州の第2の都市バッファローにあるオールブライト=ノックス美術館で展示されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.